知性がない

なけなしの知性で生き延びていこうな

友達を作るには集団健康診断の列で振り返って暇そうな奴に「暇じゃね」って言え

これは「虚無とたたかう」アドベントカレンダー14日目の記事です。

 

noubrain.hateblo.jp

 

今日は友達の作り方の話をします。

虚無とたたかう上で、友人が助けになることは多く、また誰かの友人となることで、自分が他者の虚無とのたたかいを助けられることもあると思うので。

本当は友達なんていなくても人間は大丈夫なんですが、それでも友達が欲しい時とかあるかもしれないので、そういう人に向けて書きます。

 

f:id:kinakobooster:20171217003541j:image

暇すぎて友達になった

私の最高の友人のうちのひとりと友達になった時の話をする。

大学の健康診断で2時間待ちとかの長い列で待っていたとき、私はとても退屈していた。その頃はスマートフォンとか持ってなかったし、こんなに待たされるとも思ってなかったので持ってきた本も読み終えてしまったのだ。受付は遠く列は畳まれて部屋に格納されていて、これから先どれだけ待てば終わるのか見当もつかなかった。列でも眺めるかとなんとなく後ろを振り返ったら、なんと後ろには私と同じようにめっちゃ暇そうな奴がいたのだ!「暇じゃね?」って言ったら「ひまひま!」と返ってきて、それでもう友達だった。

これは特殊なケースかもしれないが、学べることは二つある。友達を作るためには、まず何か共通点を持つ仲間であることが必要であるということと、次にちょっと勇気がいるってことだ。

 

共通点理論

仲間からいくと、たとえば同じ作品について意見があるとか、就活説明会とかで同じ話を聞いたとか、同じ趣味を持っているとか、酒をいっしょに飲んでいるとか、とにかく共通点があればそこから話ができる。

この共通点理論でいくと、中高で友達ができやすいと言われるのは、同じ時間を過ごすことが多いからです。先生の真似とかめちゃ打率の高いネタでしょ。

天候の話とかはすごい。寒いですねって話しかけてケンカになることはあんまりない。ロシアの寒さはこんなものではなかったとか言い始める人は多分愉快な人なので友達になろう。この共通点話題こじ開け力を悪用してるのがナンパである。

共通点があれば話ができるとして、そこで突然話しかけてもハア?ってされないためにも、まず仲間になるということが必要だ。人に仲間認定してもらうのは難しい。基準は人によって違うので見極めていくしかない。話しても良さそうな人は話しても良さそうに見えることがあるので他人を尊重しつつ話題を振ってみよう。

勇気について

話しかけられる準備ができている人は、話し掛けるためにあまり勇気が要らないようになっている。あまり一世一代の大告白みたいな感じで近寄るのは相手の方も準備ができてないことが多いのでよくなさそう。

逆に考えると、むしろ話しかけやすそうなオーラを意図的に出すことで相手に必要な勇気の量を少なくするみたいな技もある。

徳を上げて友達を作ろう

といってもこれは友達を作るための最初のラインにすぎない。せっかく声をかけても楽しく話ができなければまた会おうってならないので。

あ、こいつ気が合うぞとなるためにはもう自分が愉快になるしかない。よく退屈して、楽しいことをたくさん考えよう。自分だけ喋ってても相手はつまらないので、いっしょに愉快になれるよう話を返したり質問をする練習をしよう。知識と教養は踏み込む勇気になる。

まあ悲劇的にテンションが合わない人とかは存在するし、相性というものはあるので、最終的には数打つしかない。自分に準備さえできてれば意気投合できる相手はどこかにはいるはずです。

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

 

こういう時モテ本が役に立っちゃうんだよなーーー。

明日のテーマは未定ですが何かしらの話をします。

noubrain.hateblo.jp

やる気が出ないときどうするか

 これは「虚無とたたかう」アドベントカレンダー13日目の記事です。

 今日はやる気がないのでやる気がないときどうするかの話を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 寝ましょう。

 

 

 

 

 

 

 わかる、わかるよ、寝れないから困ってるんだよね。

 いつまでも寝ているわけにはいかず、今やらないといけないときとか、あるよね。そういうときはどうすればいいか。

 真面目に言うと、すげー簡単なことから始めるのが良いと思います。

 例えば文章を書く時、毎回お決まりの書き出しを作ってしまってそれから書くという方法があります。スタートには体力がいるので、なるべく頭を使わない方法で始められると強い。

 頭を使い始めるのは始めてからでも遅くありません。

 このブログを書き出すときにも毎回「虚無とたたかう」ってコピペでなく手で打っている。それはコピペだと温もりが伝わらないからではなく、ただ人間は始めてからでないとやる気がでないようにできているからです。

 ちなみに私は一人で殴り書きをするときはいつも「何も思いつかない」と書き出しています。そんなもんだ!

 

 明日は友人の作り方の話をします。

noubrain.hateblo.jp

【虚無とたたかう×再起する青年】コラボ対談 自由とはなにか

f:id:kinakobooster:20171214222634p:plain

これは「虚無とたたかう」アドベントカレンダー12日目の記事です。

ついに@kdxuとの対談が実現しました。

@kdxuはこのブログにもたまに出てくる人で、「再起する青年」というアドベントカレンダーをやっています。虚無とたたかっている一人でもある。

テーマは「自由とはなにか」。

f:id:kinakobooster:20171214222623p:plain

対談の内容は↓こちらから。(kdxuのブログに飛びます。スクショと見た目は違うけど内容は同じです)

medium.com

2017/12/16 翌日の記事を書きました。

noubrain.hateblo.jp

2017年7〜12月を振り返る

 これは「虚無とたたかう」アドベントカレンダー11日目の記事です。

 今日は昨日の続きです。

7月

 夏が来る。夏のことは好きで、これを書いているいまのような季節(つまり冬)に夏を懐かしんで好きだなあって言うのはよくある話だけど、暑いさなかでもその熱の中で夏を愛していた気がする。コバエも飛ぶんだけどそれでも好きだ。

 7月はBEASTARSって漫画にハマってた。獣人が学園生活するんだけど、草食と肉食が共存する中でいろいろ確執があって……という話。弱い立場である草食動物たちがとても誇り高く描かれていて好き。

キンドル期間限定で無料じゃん、タイムリーか?

 あとは友達の映画を手伝ってキックボードを石で叩いたりElixirって言語をかじったりしていた。辛かった気もするけど、振り返れば良い7月だったな。

8月

 夏が好きなのは夏休みの記憶があるからなのかもしれない。けれど夏休みなんてない労働者になっても8月のことは好きだった。  同居人の3歳の甥が家に来て、遊んでもらって気づいたことがあるんだけど、私には3歳児と永遠に遊び続ける能力がある。彼らはとても繰り返しを愛するのだけど、私も同じようにせがまれれば同じ話が何度もできるのだった。

 UNDERTALEをクリアしたのもこの頃。アンダーテールは主人公の性別がさいごまで明らかにならなかったり、魚と恐竜の百合カップルが出て来るジェンダーがめっちゃ進んでるゲームです。私はヘッドホンつけたオバケと序盤に出てくる喋る石と犬が好きなのでやった人はお話しましょう。

9月

 引っ越しでばたばたしていてあまり記憶がない。金がぜんぜんなかった。

 映画の「アンダーグラウンド」を観て最高になったことは覚えている。

10月

 上の人のミソジニーがやばい会社からドワンゴの電ファミの編集アシスタントに転職が決まる。

 ゲームやらないとなと思い貯金を崩して大量にゲームを買う。しかしプレイ時間がかかることを忘れていた。4本ぐらい買ったけどどれもクリアしてない。

 ペンネームを決めないといけなかったのでしばらくそのことばかり考えていた。

あらゆる文字の組み合わせを試して最高のペンネームを探す図

 結局ペンネームはしば三角になったので見かけたらよろしく。

11月

 転職までをそわそわして暮らす。新しい場所に行くことに本当にビビっていた。

 オーブンに肉と野菜を突っ込んでツマミを回せば焼き料理ができることに気づく。皿にアルミを巻いておけば洗い物も最小限に済むし、タイマー付なので見張ってなくてもよい。オーブンを作った人へのリスペクトが深まった。

 転職後は前の職場より遥かに忙しいのだけど、ミソジニーがやばくないので快適に忙しくなれた。おなじ時間拘束でも空気が違えばこんなにも気分が楽なのだと知った。差別はサイアクだし貧困とは戦わなければならないという気持ちを新たにした。

 あ、転職祝いはまだまだ募集してます。混乱したリストですがどれもらっても喜ぶので……

Amazon.co.jp

12月

 ジムに通い始め、身体を疲れさせる快楽を知る。今まで運動とか何もしてなかったので、疲れると気分が良くなるなんて良い発見をした。

 今日も虚無とたたかうアドベントカレンダーを書いている。

 自分が労働に対してどうしたいかがはっきりしないと労働は何も返してくれないとわかってきて、私は私の脳が良くなる程度に豊かに暮らしたいなあ、と思う。

あとがき

 明日の「虚無とたたかう」アドベントカレンダーは未定です。コンプラ発言が出すぎるのでなかなか@kdxuとは対談できない。

 語ってほしいお題があればこちらのお題箱にどうぞ。参考にするかもしれません。

odaibako.net

2017/12/14 対談しました

noubrain.hateblo.jp

2017年1〜6月を振り返る

これは「虚無とたたかう」アドベントカレンダー10日目の記事です。

今日は私がこの一年いかにして虚無とたたかってきたかを話そうと思う。 今回は1月から6月についてです。

1月

 じょうぎ落としのことを思い出し、また遊びたくなる。

 じょうぎ落としって知ってますか? 私が小学生の頃流行ってたゲームなんですけど。

 机に各々自分のじょうぎを並べて、順番に自分のじょうぎの端っこをペンで押さえて弾き飛ばして、相手のじょうぎを机から叩き落としたり、相手のじょうぎの上に乗せたりするんです。乗られた定規は3弾き以内に相手の定規の下から脱出しないと脱落する(食べられたって言ってた)。

 誰か覚えてる人居ないかな。こういうどうでもいいことを思い出すの、日々が消え去ることに抵抗してる感じがして私は好きなんだけど。

 アピチャッポン・ウィーラセタクンという映画監督の「トロピカル・マラディ」という映画を観たりもした。未だにあの映画についてうまく語れる気がしないのだけど、自分でもなんで泣いてるのかわからないし他に誰も泣いてないのに映画館でボロ泣きするという体験をした。

TROPICAL MALADY

TROPICAL MALADY

2月

shinanai.com

 「冷凍都市でも死なない」が公開されたことを知る。これ2017年のインターネットが生み出したものでもっとも良いものなので見てください。私はこれに影響されてDYMOを買いメロンソーダを作った。

 あとはトカゲにジャンボミルワームを与え始めたらトカゲが激太りしはじめたのもこの頃です。知らない方もいるかもしれませんが私の家にはトカゲが居ます。名前は知性と言います。

 あとこの記事が国語の先生?にRTされてめちゃくちゃこのブログに人が来たりした。

noubrain.hateblo.jp

3月

 電車で突然「ゆうこちゃん!」と声をかけられ、「ゆうこちゃんじゃないですよ」と言ったら嘘でしょーと言われる事件が発生する。結局その人はゆうこちゃんに連絡をとって、ようやく私がゆうこちゃんではないことを信じてくれた。

 私はまだあまり私に似た人を見たことがないんだけど、こういうことがあると、人間に類型があると信じたがる人の動機もわかる気がする。似てる人いっぱい見たら類型があるようにも思うよね。

4月

 dotpictという神アプリがあるのだけど、それにハマってドット絵をめっちゃ描いていた。

 あと #いいねした人を登場人物にする ってハッシュタグを勝手にやってました。一ミリも流行らなかった。

 これとかけっこう気に入ってる。

 Trainspotting2を観て黄色い紙をたくさん買ったりもした。いつかTrainspotting2については語ろうと思いつつまとまった形では語れてないんですが、あれはことばの物語で、言葉を吐いた本人はその言葉のことを信じていなかったけれど、それでも人を動かすには十分すぎたって話です。まだ観てない人は観てください。

5月

 人生を選び取ろうと思ってプログラミングの勉強を始める。

 仕事がわりとつらかった時期でもある。労働時間は今よりはるかに短かったはずなのに、当時はなぜだか職場にいるだけで非常に辛かった。理由は簡単で、上の人々のミソジニーがやばかったからです。

6月

 プログラミングの勉強をしていた気がする。

 この辺はつらすぎてあまり記憶がない。

明日につづく。

2017/12/14 書きました

noubrain.hateblo.jp