知性がない

なけなしの知性で生き延びていこうな

感情ある?

カラオケ採点の謎コメント

歌うのが好きなので今日は一人でカラオケに行ったのだけど、自分の歌を録音して聞いたらびっくりした。全然音楽に聞こえなかったのだ。

音楽というよりそれは、ただ感情のない高かったり低かったり大きかったり小さかったりする、音の羅列?みたいなもので、あんまり驚いたのでもしかして音楽とは本来音の配列なのかと思って慌ててGRAPEVINEとか聴いてみたんだけどそっちはちゃんと音楽に聞こえて安心した。私の歌が下手だっただけかもしれない。

私は自分に感情があるということは一応信じていたのだけど、まさか自分の歌を聴いて感情ないなこいつ!と自分自身にジャッジを下してしまうとは思わなかった。感情の表出にも作法があり、それに則ってないと感情がないように見えてしまうらしい。

あらゆる表現とはそうで、ワーワー言ったり適当にやって感情を伝えられるかというと伝わらない、だからみんな音楽や文章や絵や人間関係の練習をするのだろう。 こういう表現をしたいという願望と、実際に出てきたものは違うし、それがどう受け取られるかも、願望とはズレたものになるだろう。やべえな!こりゃ何か始めるのに信頼できる客観的なコメントをくれる存在、つまりは先達が必要だとされるわけだ。なんでもすぐ人に見せたほうが絶対いい。気をつけないと自分だけが自分がやってることを面白いと思っているやつになってしまう。

読んだ: チップチューンのすべて

ヒゲドライバー www.youtube.com *1

saitone www.youtube.com

上に挙げた感じのファミコンっぽい音源でピコピコやってる音楽のことを、チップチューンchiptune)と呼ぶらしい。洞窟物語のサントラを延々と聴いていた頃を思い出す。チープでどこか懐かしいような音源を使った音楽だ。

そう、この愛おしいピコピコ音楽にはジャンル名があったのだ、みんなもこれでググれるよ!嬉しいね。

さらにディグりたい人のための本が出たらしく、これだ。

読んでみるとすごい。

最初期のコンピュータの動作確認用の音で、無理やり音階を奏でてみた時代からチップチューンの歴史を始めている。この本は本気だ。チップチューンの定義から考え直そうとしている。

内容は、私の知らないことが多くて面白かった。

アーケードゲームの音楽に魅せられて、再現しようと友達の家のコンピュータをいじくりまわす。ひと昔前のパソコンは機種ごとにぜんぜん違う、互換性もない。そういうところでは、音楽を扱えるプログラムを作るところから始まる。 *2

そんな中でもインターネットの前身みたいな通信サイトではゲームから剥ぎ取り(リッピング)した音楽に混じってオリジナルのチップ音楽が交換され、そこには伝説のプログラマが居て、プログラムによる音楽表現の限界に挑戦していた……

パソコン通信やパソコンを使ったコンテンツがおたくたちのもので、ネットコミュニティがキラキラしていた頃の空気を感じた。多少理想化されているにしても、あるジャンルを育てた土壌みたいなものの豊かさが確かに伝わった。

こういう歴史を語ってくれることはすごくありがたい。なぜならウェブサイトって意外と普通に消えたりするから。語り残す意志を誰かが持たなければ、アーカイブを残さなければ、後からきた人には文化があったことすらわからなくなってしまう。なんでも新しい方にはすぐ積み上がるけど古いものはどんどん消えていく傾向がある。そういう中でこういうアーケード時代やエミュレータ文化がまとまって書き残されていると、面白いし勉強になるし、先人へのリスペクトの贈り先もわかるのでいい気分になる。

巻末の現代の人のインタビューも面白かった。上の動画の二人はそれで知った。

*1:ドット絵が自由に回転する表現ってめっちゃ“21世紀”を感じませんか

*2:つくづくUNIXってすごい発明だったんだなと思うし、SIDとかアミーガとかいうレトロPCに触ってみたくなる。

机を改造してスタンディングデスクにしてみた

f:id:kinakobooster:20170610203420j:plain

最近仕事を半分ぐらい在宅ですることになったのだけど、一つ困ったことがある。

尻が痛いのだ。

イスがとっても硬いので、ずっと座っていると大変なことになってしまう。すべてを察してほしい。

良い椅子を買うといいのかもしれないが、良い椅子には高いという弱点がある。

なので、机側を改造することにした。

スタンディングデスク

スタンディングデスクについてはご存知だろうか。

要するに机側を高くして、立ったまま机を使えるようにしようという試みだ。

このウェブサイトで自分に合った高さを計算できる。バウヒュッテ!

www.bauhutte.jp

ゲーテも立ったまま書いていたらしいし、ニーチェも尻をつけたままやる哲学はクソだと言っていた。

ぜひとも試してみなければなるまい。

製作

アイロン台やミニちゃぶ台があれば、それを机に乗せて試すことができたのだが、ちょうど良いのがなかったため、もっと安くできる方法で試すことにした。

最初はダンボール箱を置いていたのだけど、浮かれていたので発泡スチロールブロックをいくつかと、化粧板を購入。

Amazonで買えるけどブロックは100円ショップの園芸コーナーにもあるかもしれないし、ホームセンターなら板ももうちょっと安く買えるかもしれない。

机の上にブロックを積んで、その上に板を乗せて高さを調節するというわけだ。 モニターも目の高さがいいというので、ブロックで底上げすることにした。 使っているのはノートPCなので、更に上にイケアの台を載せてキーボードを斜めにしている。

BRADA ラップトップサポート,ブラック IKEA(40165466)

BRADA ラップトップサポート,ブラック IKEA(40165466)

f:id:kinakobooster:20170610203419j:plain

使ってみた感想

実際しんどい

  • ずっと立っていると疲れるね……

  • 尻を守れば、次に痛くなるのは足の裏だということは予想できても良かった。

レジや警備で立ちっぱなしの人が健康かというとそうとは言えないように、立っているだけで動かないと普通に色々痛くなる。実際家だと座ったり寝転んだりうろついたりしながらやっているので、そもそも椅子があってもじっとしていられない人なら大丈夫かもしれない。大体一日に8時間ほど机に向かっているのだけど、軟弱なので立っているのは休憩挟んで4時間が限界。それ以降は立ったり座ったりしてる。

良かったこと

  • 少しお腹がへこんだ気がする。尻への負担も分散されたので、無事になりました。

  • 「どっこいしょ」がない分、机から離れて動き回るためのハードルは下がる。ひょいひょい物を取りに行ったりお茶を淹れたりすることができる。

気をつけた方がいいこと

  • とりあえずいきなり立ち続けるの辛いので、ちゃんとしたスタンディングデスクを買う人でも、昇降式にしたほうが良さそう。

  • 少し高さが変わっただけで使い心地がけっこう違うので、スリッパや靴下を履いて調整するとよさそう。何も履かないと足が痛いです。

このブロックで作ったオプション机は軽いので、座りたくなったらどけてただの机に戻すことができる。

プログラミングを勉強し始めた

なんやかんやで死にたくないので、生存率を上げるためにプログラミングを学び始めた。

シェアハウスの同居人が情報の修士を出ているのでとても頼りになる。

勧めてもらった本や本のリストを公開しておく。

学習前の私の状態

  • javascriptでちょっとしたウェブサイトが作れる

  • processingでおもちゃぐらいなら作れる

  • 昔電気系の学部に行こうとしたんだけど病で脳が悪くなったのでやめたことがある

Web Developer ロードマップ

http:// https://github.com/kamranahmedse/developer-roadmap

読んでよかった基礎知識の入門書

qiita.com

同居人おすすめ本

この辺から本を拾ってきて、読み物とゴリゴリの教科書を混ぜつつテンションを維持している。

まだレベルが低いから本を読むたびにレベルが上がってたのしい。

気づいたこと

プログラミングの基礎 (Computer Science Library)

プログラミングの基礎 (Computer Science Library)

あとこの『プログラミングの基礎』もめっちゃ良くて、言語はOCamlなのだけど、プログラムを書く時は、テストを先に書いて、デザインレシピに従って作る、という原則をとても丁寧に教えてくれる。プログラムを書く人が何を考えて書いているのかがよくわかる。これをしっかり読んどけば『Land of Lisp』もシュッと読めそうだなあと思った。

  • プログラミング言語は新しくなるほど書きやすくなるらしく、『すごいHaskellたのしく学ぼう!』を眺めたときも、最初の方の例の、ある条件を満たす直角三角形を探す問題の解答を出力するプログラムが1行でピャっと書けるのを見て、Haskellってすごいんだなあと同居人に感想を漏らしたら、イマドキの言語はそんなもんだよ、と言われた。普段使っている言語の表現力に不満があれば、新しい言語を作るということも選択肢に入るの、詩人みたいだな。最終的に機械にわかってもらわないといけないという縛りがあるからこそ、意味を保ったまま工夫する余地があるのかもしれない。

  • なんかプログラミングを学ぶとなると、まずひとつの言語をマスターしてから次の言語へ……という順番なのかなと思っていたけれど、それよりはいろんな言語をつまみ食いする感じになっている。本によって使っている言語が違うからだ。新しい言語を習得するためのコストは、フランス語や英語のような自然言語に比べるとささいなものであるし、自分ができる言語に合わせて本を選ぶより、知りたいことが書いてある本に合わせて言語を学ぶほうが結果的に力がつくのかもなと思った。言語、いくら多いといったって無限にあるわけでははないし。

*1:ほとんど大学の教科書じゃないか

ゴールデンウィークのこと

ヤバいものをつくる

どうして自分は天才たちとは違うのか考えていた。すごいものを作る人は頭のなかでヤバいイメージができているんだろうか。私には作りたいものはあっても、そのイメージの解像度はめちゃくちゃ低い。どちらかというと自分の引いた線に導かれて進めていくことが多い。簡単なものから付け足していく方法が性に合ってるっぽい。

ヤバいイメージから作る場合も、しょぼいイメージから付け足しつつ作る場合も、自分の手の遅さをじれったく思いながら作ることからは逃れられないのだろうな。

自分のウェブサイトをつくった

[f:id:kinakobooster:20170507233941p:plain]

ゴールデンウィーク中になんか作りたいなと思って自分のウェブサイトを作った。

上の絵に触ると流れ星が出てくる。スクロールすると街が動く。

これも作っているうちに最初に計画してたものとけっこう違うものになっていった感じ。こういうのを計画通りに作れる人はすごいんだと思う。

これはベースは前に同居人(@kdxu)が作ったgulpなどの設定を頼りに、pugとsassと簡単なjsで書いた。jsって、こういう星を降らすだけとか、スクロールいじるとか、その辺をちょこちょこいじるだけなら簡単で良いんだろうけど、ちゃんとしたものを作ろうとすると大変なんだろうなあ。

ベケット三部作

ゴールデンウィークなのでなにか記憶に残ることをしようと思い、ベケットの長編小説3部作を読むことに決めた。『モロイ』『マロウンは死ぬ』『名づけえぬもの』の3つね。

最初は辛かったけれど、読んでいるうちにベケットのノリがわかってきて気持ちよく読めた。けどマロウンの前半は全然面白くない。というかマロウンは微妙。モロイとマロウンは読み終えたけれど、名づけは結局まだ17ページしか読んでない。けれどすでに他のどれよりも面白いことがわかる。

おれは、もうわからん、どうでもいいや。とにかくおれはしゃべらないわけにはいかないんだ。絶対に黙らないぞ。絶対に(『名づけえぬもの』pp.6)

名づけえぬもの

名づけえぬもの

瀬戸夏子は川柳を荒らすな に行った

川柳のイベントに行った。瀬戸夏子は川柳を荒らすなってやつ。普段は川柳の小池正博と、普段は短歌の瀬戸夏子がしゃべるパートと、ミニ句会と、その二人プラス柳本々々と兵藤全郎とのトークで、話は配布された紙に4人の10句選が載っていて、それを中心に進められた。

レジュメの中で気に入ったのはこの辺。

明るさは退却戦のせいだろう 小池正博

月光になりましたのでご安心を 広瀬ちえみ

さあ我の虫酸を君に与えよう 榊陽子

面白かった話

・連作はちょっと出来の良くない歌も含めて連作だから、出来のいい歌だけを引っ張り出して読むみたいなことはしてはいけない、と考えている川柳の人がいるらしい。保坂和志っぽい。保坂和志は小説のつまんなくてちょっとダレる部分も含めて小説の時間であるみたいなことを言っていた気がする。

・川柳は遅れているらしい。川柳は他の詩形、短歌や俳句や現代詩と違って、近代的自我が輸入された時、それに応じた変化がすぐにできなかった。近代的な、白人の、男性的な自我を表現するための発達が遅れてしまったのだ。けれど、よくよく考えればそんな自我ロクでもないし、あったらあったでそれは別の時代遅れでしかないので、その自我の薄さ自体が魅力となりうる、というような話をしていた。

・短歌ってのは景と感情のセットでできてるのが正統派で、それはアララギ的で茂吉の影響が大きいらしいのだ。短歌には感情が要求される! そうすると川柳というのは感情を描かない。ただできごとの描写を放り出して、そこにどんな感情を読み取るかは自由、読み取らなくてもよい、というのが短歌と比べて軽やかなのかなあと思った。

・現代川柳、ちょっと興味が出たので図書館で適当なの借りてみようと思う。こういう時によいアンソロジーが本屋にシュッと並んでるとジャンルとして強いんだけど、なかなかそう簡単にはいかないみたいだ。良いアンソロジーが出しづらいんだよね、とトークショーでも言っていた。サラリーマン川柳みたいな、ちょっと笑える!とか風刺!って感じで川柳は定着してしまっているので、そうでない川柳推しの本は難しいらしい。せつないね。

自分でも川柳を作ってみる。はじめてなのでうまく行ってるかもわからない。文字数が少ないと他の人のとカブってそうで怖いな。

絶対に生きて腸には着かせまい 鳥居萌

T2 Trainspotting2を爆音上映で見に行った

Choose lifeという言葉の重みが、前作とはまた異なって聞こえてくる良い作品だった。音楽もかっこいい。気が向いたらまとまった感想を書くかも。