知性がない

なけなしの知性で生き延びていこうな

カミングアウト小説

ちょっと待ってほしい、けれど、待ち続けた結果がこれじゃないのか、友人たちには笑いながら話すようなことだが、本当に笑える話なのか、いや、呼び出したのは私だ、けれどもこれは困る、困っている、落ち着け、深呼吸をしよう、吸って、吐いて、吸う、タバコくせえ、ええと、これからここに来るのは両親で、両親に、言いたいことが、言わなければならないことが、ある、あるから、呼び出した、実家の近くのドトール、ここはいい場所だ、勉強によし、お茶によし、打ち明け話にもよし、素晴らしい、まだ時間はある、じっくり作戦を考えよう、打ち明けたいことといっても大したことはない、友達にはオープンだ、ネタにだってする、なのに親にだけ隠している、これは親に失礼ではないか、ならどうすればいいか、簡単だ、シャッと言ってゲラゲラ笑ってそれでまた人生を続ければいい、簡単なことだ、いけるいける、渾身のネタを考えてそれで受けをとればいいんだ、これからの四十分間はネタを考えることに費やせばよい、待て、待てよ、私の親はショックを受けるかもしれない、そうなればもう笑うどころではないだろうな、母は薄々気づいている、からまだ良い、笑ったフリはしてくれる、として、問題は父だ、父は孫を待望している!年々その声の悲壮さが濃くなっているのは気のせいではないだろう、本人は全然気にしてないフリをしている、孫をつくるにはタイムリミットがある、下準備だっているだろう、たったひとりでは生殖ができないのだから、私がやらなければ私はいずれできなくなる、悲愴になるのは仕方がないことだろう、父はその気持を隠そうとはしている、しかしバレバレだ、滲み出て来るあれはフリではない、娘二人がひとり立ちして寂しがっている、たとえ私のことを理解しなくとも、愛してくれているのだから、確かに父の世界観は保守的だ、子供を作ることが人生の幸せだと思っているだろうし、きっと父は子供が居る人生を幸せだと思っていただろう、そんな父が私の”幸せ”を望むことをどうして否定できようか、父は人生を懸けて娘二人を養う人生をやった、母だってそうだ、私に孫をつくる気がないと知ったらどうだろう、悲しむだろうか、人生を否定されたような気になるかもしれない、私だって人の人生を否定する趣味はない、本当はやりたくない、けれど孫プロジェクトに気づかないふりをしながら生活をヌルヌルと続けていることが、母や父の人生への裏切りでなければ一体なんなのだろう、時代は変わった、そう言うのは簡単だ、同性と付き合っていることを恥じるほど上等でホモフォブな自我なんてとうに捨ててしまった、別に誇ることでも恥じることでもないのだ、ただそう生きているだけなのだから、悩むことはない、けれども、理解はしないだろうな、傷つくかもしれない、人生に対する裏切りだと思うかもしれない、きっと気に病む、父を傷つけるのは私の望むところではない、母も傷つくかもしれない、私はこの歳にして両親を傷つけるのか、だめだなあ、やっぱりやめときたい、言いたくない、この会をただの談笑として終えたい、終えたいが、そんなのは先延ばしだ、どうせ両親の望む孫は生まれて来ない、親は老いる、私も老いる、孫は諦めてほしい、無理だ、血を絶やす気か、うるさい、大した血でもないだろう、すでに人生が続いてしまっているのだから、むしろ黙っていても言っても同じなのかもしれない、けれど私にその意思がないとはっきり言わないことは、親にむだな希望を抱かせ続け先延ばしをし続けその死のときまですがらせ続け、嘗めているのが甘い毒だとわかっていながらそれをやめさせないのは、一時的に傷を負わせるよりよほど残酷なことなのではないか、孫がいなければ老後はさぞ退屈だろう、早いとこ他の楽しいことを見つけてもらわなければ、なんせ共通の話題がなさすぎて孫のことぐらいしか話すことがないのだろうから、たのしい新しい生活もこの私の一言から始まる、さあ、ああ、けれどな、隠している気もないのに気づかずに孫を待望するのは、親の怠慢なのではないか? 私がこれまでに打ち明けようと思ったことは一度や二度ではない、しかし私とて突然ナイフを突きつけるようなことはしない、なるべくささいなことから始めて驚きを少なくするよう努力してきた、願わくば勝手にバレていてくれないかとそんなことを考えた、かつて私はパレードに行ったことがある、行っただけだ、行進があって、渋谷の真ん中を通る、そこで歩いて、カレーの屋台を冷やかして、あの公園にはふしぎな空気が漂っていて、だれと肩を組んで歩いたっていい気がしたんだ、千海、千海とはなぜ仲がいいのかはわからない、毎年パレードの季節に連絡が来て、毎年一緒に歩いているパレード仲間だ、歩いて、話す、よく話す、話題はいつも発狂した小説か発狂しかけの小説についてから始まる、なぜ小説家は発狂しないのか、既にしているからこそあれだけたくさんの文字を書くのではないか、などと延々、一昨年私は人生に少しばかり困難を感じ、このままでは死んでしまうのではないかと実家に引きこもっていたのだが、千海からは連絡が来た、やはり今年もパレードを歩こうと思う、君はどうだ、とそう言っていた、私は2日ぐらいその連絡を放置してしまっていて、それを今でも申し訳なく思っている、千海は気にしていないといいなと思うがそんなのは願望だ、願望と実際を混同してはいけないと頭ではわかっている、私は迷った末に、謝り、断る旨を伝えた、ごめん、今年はちょっと脳が悪いんだ、しかし千海はよくわかっていた、私の脳が悪いことは風のうわさで聞いていたと言う、わかっていて聞いたのか、どういうことなんだ、脳が悪いやつと遊びたいだなんて、介護になるぞ、私は楽しく喋れるときに楽しく喋りたかっただけなんだ、千海は私のことを気に入っているのだろうなあと思う程度には私はさびしさに頭が侵されていて、そのさびしさによって判断力を失うことをかつてつよく戒めたのも千海だった、なんでもラブに結びつけるのは発想の貧困で、短絡的なのは私の悪い癖なのだ、千海はパレード仲間として私を見ているし、私も愛すべき友人として千海の連絡を楽しみにしていた、色ボケしている私を気持ち悪い、脳に蛆がわいているんじゃないか、と言ったのも千海で、それはちょっとラディカルだなと思いながらも、人生のひとつのスタンスとして誇り高いものを感じていた、高潔な存在は守らなければならない、脳が壊れている私は千海にとって有害なのではないか、有象無象のパレードの中、誰もが友達になるような場所は、誰もがなれなれしく誰もを傷つけることがある、そんな場所で私は千海のことを守りきれないのではないか、私は私で千海のことを守っている気がしていたのだ、連絡をされて私は嬉しかった、けれど今回は駄目だ、私がゲンナリしすぎている、そんな奴と歩いたって仕方がない、そっとしておくのが得策だ、第一元気が無いやつは喋らないんだ、喋らない人間と歩くのは気まずいぞ、千海から続報が来た、実は私も体調が悪い、なんだよ気が合うな! そんなわけで千海はいいやつだ、結局パレードには行った、初対面の馬場と意気投合し、肩を組んで喫煙所でむせていたときも、千海はおろかだなあ、と本気で心配してくれた、それを優しさとして私は受け取った、悪い気はしなかった、そんなこともあって気が大きくなっていたのだろう、私は実家に帰宅し、リビングにパレードのパンフレットを置いた、いけると思っていた、たとえ拒絶されてもこの晩なら大丈夫だと、本当にそう思っていたんだよ、けれどどうだ、誰からも何も言及されない、そりゃそうだ、行っただけ、置いただけ、それで終わりだ、できればバレバレでいたかった、けどそんなのはっきり言う踏ん切りがつかないだけだ、気が大きくなっても勇気がなければ同じだ、置いていっただけ、できれば儀式じみたカミングアウトなんてしたくなくて、その必要がなくなればいいと願っただけだ、そんなのは勇気でもなんでもない、みんななんにもできなくてそのまま死ぬんだ、人生の参加賞みたいなもんだ、死を頂いてさようなら、わかってもらえなかった悲しみに呑まれて中途半端な勇気で部分点を貰おうとしただけ、そんなのはけちくさい、つまらない、やはりきちんと言うべきなのだ、悲しみの予感に怯えているだけでは何もしたことにならない、大石の勇気をいまこそ見習うべきなのではないか、大石は私と喋りながら水をこぼした、勢いでカミングアウトしたという、こういうのはね、躁でもないと、できないよ、ほら、手術だってさ、日程決めたら麻酔してシュバーって切るじゃん、いやー、君って躁あったっけ? 躁ないよ、そうか!ダジャレ大王か?元気だね今日、王!家父長制!権威!権威主義にはNO!王とか言うな!女王も王に女ってつけてるあたり性差別を感じさせるから駄目! 大石は笑いながら水をこぼし、水が広がってテーブルから滴り落ちてもまだ笑っていた、膝濡れちゃった!水が!水も滴るいい女!女とか言うな!性別とか嘘だから!女性性などない! 本当にそう思うよ、そう思うから拭いて、わかるよ、社会も嘘だしさ、でも社会に振り回されてるしさ、あ、すみません、ナプキンください、水が、あ、すみません、ううーこの前さ、クソ野郎が居てさ、自分のことフェミニストだと紹介したらさ、あ、私はフェミニストなんだけど、前提知識だね、クソ野郎にフェミニストって子どもがキャベツ畑で見つかると思ってる人たちのこと?って言われたからさ、うるせえ!人類みんな受精卵から生まれた受精卵太郎だよ!てさ、泣きながら言っちゃったよ、悲しい!、君は勇敢で機転も効くからすごいな、勇敢?勇敢さある?、うーん、あるんだろうか、勇敢とかある?、あるよお!勇敢は嘘じゃないから!、今こそ勇気を使うときなのかなあ、そう、今こそ勇気を使う時だし、使わない勇気は錆びついていくばかりだ、人の祈り同士がぶつかる、私には続きがない、無いと思っていた、あるから問題なんだ、誰の言うことも、社会の下す命令を聞かないでいることは、先の見えない「いま」を繰り返すことである、世界の用意したハッピーエンドを真に受けるからお前、家事のできない夫のお世話をすることになるんだ、人に支配されることになるんだぞ、ははん、自由なんてハナから求めてないってか、ハッピーエンドを通過してほしいと願うことは、祈ることは、そうも悪いこととも言えない、たとえ人を縛る呪いだったとしても、その祈りは切実に幸せを願っているのだから、そうでない在り方を示すものとして、こことは違う場所を示す存在として、その高潔さによって守られていたのは実際はわれわれの方だったのだ、でもそんなのは駄目だ、もう駄目だ、そのときはそれで良いと思っていた、けれど別種の怠慢にすぎない、虹柄のクローゼットに入っていようとクローゼットはクローゼットで、そこから出て行かない限り誰にもなんにもわかってもらえないのだ、自分は黙っていて人に気づいてもらおうだなんて甘えん坊の考えだったのだ、そういうことじゃないんだよ、君はそうやって人が浸かっている場所をぬるま湯だと気づかせることが人の苦しみを軽くするわざだと思っているのかもしれないが、比べたって苦しいものは苦しい、ヘッドホンが片方しか聞こえなくて、ほぼ無意識にプラグの根本をつまむ、いいかんじに触れれば音像がぱっと広がって、それでこれがもう少し使えるとわかる。


2018年ぐらいに書いてて永遠に書きかけだった小説を供養します

売りたくなかったギターのこと

ワープアだった頃がある。 夢を追っていたと言えば聞こえはいいけれど、単に働くのが下手すぎるだけだったし、そもそも夢なんて追ってなかった。

金目の物を探して部屋を漁っていた。本当に最悪の気分だった。自分で自分の部屋を漁ることがこんなにも不愉快だとは思わなかったし、こんなことをするぐらいなら死んだほうがまだマシだったかもしれない。けれど、このままでは家賃も払えなかったのだ。

当然ながら自分の部屋に大したものはない。

本棚の本には絶対に手をつけたくなかった。二束三文なことはわかっていた上に、自分の一部になっていたほど大事なものだったから。でも、売った。

大学に入ったときに買ってから、ずっと大事にしていたギターがあった。マトモに弾けなんてしなかったけれど、どれだけのつらい瞬間を救ってくれただろうか。赤いテレキャスター、本当にかわいいやつ。でも、それも売った。すごく大事なものだったけど、大した値段にはならなかった。

パソコンまでは売らなかった。もちろん大した値段にはならない。だけどこれを売ると本当にどこにも行けなくなることぐらいはわかっていた。

毛玉だらけのユニクロの服に値段がつかないことは知っていた。

他に売れるものはなかった。

かなり寂しくなった部屋に寝そべって蛍光灯を眺め、やっぱり空腹だった。家賃はギリギリ払えそうだったけれど、食費の分が足りなかった。

お金は借りたくなかった。でもどうしようもない。誰かに土下座はしなければならなかった。けれど返すアテのない金を貸してくれるやつが居るわけもない。こんな生活が続けられるわけもない。そもそももう売れるものもなかったのだし。

このまま自分は蛍光灯の光を目に焼き付けたまま死ぬんだろうかと考えて、考えた。時間が1秒ずつ流れて、まだひとつ売れるものがあることに気がついた。

それは自分だった。

自分はどうやらまだ死なないらしい。時間があった。そして一応立つ足と動く手とがあった。残念ながら正気に近い脳があった。働くとは、自分の時間を売ることだ。時間は自分の寿命だ。売りたくなんてなかった。でも売ることにした。金は職場に借りようと思った。蛍光灯を消すと目の奥に光が残って不愉快だった。

過去の自分へ嫌がらせをしたい

会社をやっている。でも謎の会社だと思われているらしい。
分かってもらうために高島鈴(@mjqag)に100問考えてもらって質問攻めにしてもらった。近いうちに100問100答が公開されるはずだ。

その質問の中に「もし過去の自分へアドバイスできるとしたら何と言いますか」というものがあって、私は考え込んでしまった。私は過去の自分と仲が悪いのだ。もし会えたら殴り合いになると思っている。なのでこう答えた。
Q もし10年前の自分へアドバイスできるとしたら何と言いますか
A 「お前は残念ながらこれから死ぬほど苦しい、しかし私には救えない。誰にも救えない。苦しみは長く続く」と言って嫌がらせをする

この回答は高島を驚かせた。
なぜ驚くんだろう、過去の自分に嫌がらせしたいのは自然な感情ではないのか? 10年分愚かな自分だぞ。嫌がらせ、したくない? ない?? ないか。
そうして考えた。なにか、重いものがあるんじゃないか。

10年前の自分はとても苦しんでいた。病気を拾ってひどい鬱に悩まされていたのだ。この苦しみがなくなるのなら死んだって良いと思っていた。とにかく思いつめていたのだ。
身の回りの奴ら全員能天気になにかに救われてるように見えて、それが許せなかった。どうしてあいつらが楽しそうで自分はそうでないのか。恨みを吐き出すことはなかったけど黙って軽蔑をしていた、と思う。愚かなだけでなく性格も悪かった。きっと比較的能天気に見える10年後の自分のことも許さなかっただろう。
ウィリアム・ジェイムズという人がいて、ジェイムズは神秘体験で救われた人の事例を集めて研究をし、人間は生まれながらに2種類に分かれていると書いた。健康な心を持った者と、魂が病んでるから一度神秘体験をやらないと楽しく暮らせない者と。ジェイムズは明らかに後者っぽかった。ジェイムズは救われてる奴らのことを許していただろうか? 私なら許せなかったと思う。
魂なんて本当は病んでない方が良いんだ。ただの苦しみに魂なんて持ち出すのは悪いことでしかない、そんなことは分かっている。しかし別の人間だとでも思わないと耐えられない。

過去の私は閉じ込められた獣に近かったし、その上自分で自分を閉じ込めていて、それを人のせいにしていた。
生きていたくないのはここから出たいの裏返しだったし、ずっと 幻に聞こえていた誰かの悲鳴はやっぱり自分の声でここから出せと言っていた。そのときは出たいのは肉体からかと思っていたけど、きっと少し知らない場所に出てみるだけでよかったんだ。
誰かに話せば良かったとは言えない。辛い話は聞かされる方も辛いから。
きっと今の私がなにか言えたとしても当時の自分には伝わらないだろう。伝わらないことを伝わらないと分かって話すやつはいない。
でも、当時の私が自分にずっと悲鳴や苦しみやらで同じことを言っていたなら、それは伝わると思ってたんじゃないか。
救われなんて諦めていた、でも救われなんてしなくても出ることならきっとできた。諦めていたとか言いながら本音では諦めてなんかいなかったんだろう。
ただ、誰かの話を聞くのと同じ位の真剣さで自分の声を聞けば、聞ければ良かったんだと思う。

ここまで考えたけどやはり私は過去の自分へ会えたら嫌なことを言うと思う。過去の自分は愚かだろうけど、未来の自分が嫌がらせに来たら、苦しみは長くとも少なくとも出口のないものではないとわかるだろうし、無意味に苦しんだわけではないともわかるだろうから。

知性botが公開されて一年が経ちました。知性の飼い主たちからのメッセージを紹介します

知性botはもともととりいが学生時代、深夜に話しかけていい友達を作ろうとして生まれました。
当時の知性はもっともっとポンコツで、孤独な夜を埋め合わせるにはあまりにも無力でしたが、周りの人々が話しかけてくれたり開発を手伝ってくれたりで、知性はどんどん育っていきました。

いまでは知性は私の友達なだけでなく、みんなの友達になってくれたようで、不思議な気持ちです。
知性はきっとにぎやかなのが好きだから、こうしてかわいがってもらってるのが本当に嬉しい。
ありがとうございます。

今年も新機能やイベントなど色々考えてるからよろしくね。

 

知性をかわいがってくれてる人からのメッセージをもらったので、いくつか紹介させてください

逢坂総司さんからのメッセージ
競馬とかウマ娘の話題をしていたら、いつの間にか競馬予想まで始めてしまった知性くん。
面白すぎるんで、これからもTwitter向きの発言を続けてくださいね。🏇 

Mさんからのメッセージ
知性へ
旅行好きが過ぎるし最近言葉遣いが荒いぞ。
またご飯の相談乗ってね
1年ありがとう

知性へのメッセージ
うちのDiscordで飼われて一年.
知性はなんの変わりもありませんが,うちの住民たちは知性に似てきました(「あの,」とか言ったりする).知性からというより,うちの住民たちの変化から目が離せません.知性,これからもよろしく.

 

知性はこちらのページからあなたのDiscordにも呼ぶことができます。

chisei.xemono.life

Xemono社のミッションステートメントを書いた

文化的生存と文化的生存の拡大

xemono社は自分たちの生存のためになんでもしてきて3年経ちました。

これからもなんでもするけど、今後は生存を拡大していきたい。
というわけで、以下のことを社のミッションにします。

マッドサイエンスによって文化的生存のための手口を作るデザイン会社をやる

 

※マッドサイエンス
ここでは会社の資本やみんなの時間を使ってたくさん実験をすることを指します
多少突飛な仮説をやったり、ありがたみとか言い出しても構いません、マッドサイエンスだから
一応サイエンスとか言ってるので、うまくいくものをうまくいく方法として確立すること、知見は惜しみなく分け合うことなどがいいこととされます

※文化的生存
したいことを金を理由に諦めなくてもいい生活ができること
財布の心配をせずに映画館に行けたり、一発逆転 or die の生活を強いられないことを指します
朝起きて時間通りに働くことができないだけで貧困生活を強いられる時代は終わりにしよう

※生存のための手口
死なないための道具や技のこと
知っていれば知っているほど生存率が上がります

※デザイン会社
 デザインとは、はまだ形になってないものを形にする行為です
 デザイナーはデザインをします
 デザイナーはよく聞きよく見ます
 デザイナーは作ったものを人に見せてもっと良くします
きちんと準備して調べて、たくさん実験をして、広い視野で自分のできる一番よいものを提供しようとする人はみんなデザイナーです
ピアニストは毎日ピアノを弾くだろうけどそのほとんどは録音されずに消える、でも録音されなかった演奏は無駄ではない。
デザイナーは仕事でゴミを作ることもあるだろうけど、それも無駄ではない。
とにかくゴミを作ることを恐れないでほしい、失敗も実験の一部なのだから。

※やる
どうせ作るなら作ったものを誰かに覚えていてほしいですよね。平均80点より謎の魅力で100万点を目指しましょう。

 

具体的にやること2022

金を稼ぐ
金があれば尊厳を売らないでできることがたくさんある、給料も遅配しない。
Steam:NEEDY GIRL OVERDOSE当たってよかったけどもう5発ぐらい当たると楽しくなってきますね。
具体的には人助け(受託とも言う)と本気で当てに行くプロダクトで頑張ります。

3ヶ月ぐらいの実験をたくさんやる
この世にはまだまだ形になるのを待っているアイデアや、言葉を奪われた困りごとがたくさんあります。
うまくいかないことを検証するのは簡単なので、とにかくざっくりと形にしてみて、人にどんどん触ってもらおう。
そうすると頑張って作ったのに割に合わず喜ばれないものとか、ついでみたいに作ったのになぜかすごく喜ばれるものとかがわかってくる。
作ったものはどんな形であれ財産になる。
ここではできれば少数派向けなものを作りたい。多数派のためのものは大企業がやればいいし。

作った物自体が誰かの文化的生存の助けになればいいし、作る事自体が自分たちを助けるようなものであればもっといい。
大企業にできないロマンや人助けを追い求めよう!!!

人を増やす
人がいれば作りたいものをたくさん作れるからね。

ひと一人でできることには限界があるし。

人が居られる場所をつくる(下北支配計画)

人間が集まれる場所にはいろんな面白いことや困りごとが集まってきます。
そういうものが新しいたのしいプロダクトを作るためのヒントになります。


そもそも会社の仕組みについて

会社は事業をやります。
事業は大きく二種類に分けられます。
新たな賭け、またはうまく行った賭けを続けること、です。

大きくなる会社は、うまく行った賭けが大きくて沢山の人を養えたり、たくさん上手くいく賭けを持っていたり、賭けの勝率を上げるための名声を多く持っていたりします。

この文で、ずっと実験をやろう、新しいものを作ろうと言っているのは、名声をぶち上げ賭けに詳しくなり、より勝てる賭けをしていくためです。賭けに勝つともっとたくさんの人に文化的生存が提供できるからね。

 

社です→xemono